【冬季休業のお知らせ】
 2018年12月24日(月) ~ 2019年1月6日(日)
 上記間冬季休業となります。
 ※休暇前の最終発送のための注文受付は、日本時間12月19日(水)までとさせて頂きます。
ご不便をおかけ致します事心よりお詫び申し上げます。

チャリスウェル フラワーエッセンス:トリニティ・オブ・ホーリー・ソーン

  • チャリスウェル フラワーエッセンス:トリニティ・オブ・ホーリー・ソーン
  • チャリスウェル フラワーエッセンス:トリニティ・オブ・ホーリー・ソーン
¥3,200

苦しみからの解放。囚われを解放つチャリスウェルフラワーエッセンス。 

チャリスウエルエッセンス:トリニティ・オブ・ホーリー・ソーン
- Chalice Well Essences Trinity of Holy Thorn -

お好きな2本購入で15%OFF
→ ご注文はチャリスウエルエッセンスお好きな2本セットから

チャリスウェルエッセンスのテーマ:
苦しみや痛みの解放

チャリスウェルエッセンス「トリニティ・オブ・ホーリー・ソーン」は、苦痛や痛み、悩みを変容し、先に進めるよう促してくれるフラワーエッセンスです。このトリニティ・オブ・ホーリー・ソーンのエッセンスを取ることで、悩みや痛みにとらわれている心を解放し、大いなる流れに明け渡すことが出来るように。人生の中での辛さや、どうしていいかわからない事を、浄化と純化のエネルギーによって変容してくれます。

このチャリスウェル トリニティ・オブ・ホーリー・ソーンのフラワーエッセンスは、キリストの復活際の日であるイースターの朝に、チャリスウェル庭園にある3本のホーリーソーンを利用して作られました。

ホーリー・ソーン

このホーリー・ソーンの木には、グラストンベリーの言い伝えであるアリマタヤのヨセフ(イエス・キリストの叔父)の伝説と関連しています。キリスト受難の後この地にたどりついたジョセフが、持っていたホーリー・ソーンの木で作られた杖をチャリスウエルのウェアヨールの丘に植えたとのこと。不思議なことに現在場所は、ホーリー・ソーンの木にあふれ、その花が咲き誇っています。そのホーリー・ソーンの木は学名:Crataegus monogyna ‘Biflora’と呼ばれ、イエス・キリストの草冠として使われたとも言われています。十字架にかけられて人々の罪の解放にために受難に合ったキリストの草冠であった、ホーリー・ソーンの木は一年ごとにイースターとクリスマスの時期に、白い花を咲かせ、赤い実をつけています。チャリスウェル フラワーエッセンスのホーリー・ソーンは苦痛を解放し、そのエネルギーによって滞っている人生の流れが、新しい物となって再び動き出すように導いてくれるエッセンスです。

チャリスウェルエッセンス"トリニティ・オブ・ホーリー・ソーン"のポイント

  • 苦しみや悩みがあるときに、その解放を助ける。
  • 悩みや苦しみによって滞っているエネルギーを変容し、新しい流れを導く。

チャリスウエルエッセンス トリニティ・オブ・ホーリー・ソーン 原材料

チャリスウェル天然水、ブランデー、チャリスウェル フラワーエッセンス(トリニティ・オブ・ホーリー・ソーン)

チャリスウエルエッセンスとは
チャリスウェルエッセンスとは

チャリスウェルエッセンス 内容量

チャリスウェル フラワーエッセンス(トリニティ・オブ・ホーリー・ソーン):30ml

チャリスウエルエッセンスご使用方法

口内に直接、またはグラス2cm程のお水に7滴ほど垂らしてお取り下さい。
1日2回が目安となります。

チャリスウェル フラワーエッセンスはエネルギーに直接働きかけていくため、ご自身が効果を感じられる頻度で取られることを最もお勧めしています。摂取後目を閉じて少しの間瞑想を取り入れるのもお勧めです。

使用上の注意

エッセンスの効能には個人差があります。
医薬品ではありませんので、ご自身の責任と管理でご使用頂くことをお願いしております。