【発送日数に関して】
現在ご注文を多く頂いております関係上、発送までに通常より多少時間がかかっております。
ご注文順に、順次発送しておりますので、発送まで今しばらくお待ち頂ければ幸いです。
ご迷惑をおかけしておりますこと深くお詫び申し上げます。どうぞ宜しくお願い致します。

フラワーエッセンスとは

フラワーエッセンスとは

フラワーエッセンス

フラワーエッセンスとはフラワーレメディとも呼ばれ、花から出来たエッセンスのこと。
花のエネルギーが一番高い満開の時期の花を摘み取り純粋な水につけ、太陽光線によって花のエッセンスを抽出します。それをブランデーなどに希釈したエッセンスがフラワーエッセンスと呼ばれています。

フラワーエッセンス

アロマオイルやハーブとは違い、フラワーエッセンスは花の持つエネルギー(波長を)水に転写させ、希釈・浸透することにより、それぞれの花の持つエネルギーを高め、日私たちの心・感情や肉体的な問題に働きかけます。イギリスではフラワーエッセンス治療はエネルギー療法として知られ、花の持つそれぞれの波動が私達の心や精神のパーターンと呼応し、トラウマやショックから生じた心のバランスの乱れを穏やかに整え、癒してくれるます。

人の心は自分でも気付かない内に、人生の中で得た様々なトラウマやショック、悲しみや、満たされない気持ちなどを潜在意識に溜め込んで行きます。それらが後の人格を作り、理由もない寂しさ、自信のなさ、憂鬱などを形成していきます。他人の目をいつも気になる、人から良く思われたい、自分と他の人を比べるなど、ありませんか?
満たされなかった愛情、誰にも認めてもらえなかった幼少経験、家族の離別や死別、悲しい恋愛。それらが潜在意識の記憶が、自分のありのままでいることを抑制し、自分のエネルギーを弱めてしまう原因ともなります。

フラワーエッセンスは花の持つ波長によって、私たちの潜在意識に働きかけ、今まで手放せなかった感情の解放を助けてくれる癒しのエッセンスです。それぞれの花には異なる性質を持つため、個々のフラワーエッセンスは様々な感情の問題に対応できます。


フラワーエッセンスの歴史

フラワーエッセンスはホメオパシーの医師でもあったイギリスのエドワード・バッチ博士(Dr. Edward Bach)によって開発されました。細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士は 7種類の細菌からワクチンを開発し、ホメオパシー医療の分野で世界的に貢献。その後感情・精神の状態が健康を作用し、病気を引き起こすということに気付きを得て、健康の回復と維持のためにその症状よりも根本原因となる感情から治療できる方法を模索し始めました。

その後20年以上にわたる治療経験と研究の末フラワーエッセンスを用いた治療法にたどり着き、彼の理論である自然の中から新しい治療体系を確立するという理念がフラワーエッセンス開発へと導いたのでした。現在では、バッチフラワーレメディの他に、様々なフラワーエッセンスが作り出され、世界中で愛用されています。フラワーエッセンスは生活に取り入れやすく、簡単に始めれてるのがポイントです。


フラワーエッセンスの取り方 フラワーエッセンス取り方

直接口に、またはコップ2-3cmの水に3~4滴たらして1日3回を目安にお取り下さい。フラワーエッセンスをとる要因となっている急性の感情が強く出ている場合は、取る回数を増やすと効果的です。取った後に少し心落ち着けて、フラワーエッセンスの余韻を感じるため瞑想を取り入れることもお勧めです。上がってきた感情が潜在意識に溜まっていたものですので、メモをしたりその感情を自ら認めてあげることによって、より解放に導くことができます。


各種フラワーエッセンス紹介

バッチフラワーレメディ
チャリスウェルエッセンス
フィンドフォーン フラワーエッセンス