ホメオパシーレメディーコンビ:熱中症・日焼け

  • ホメオパシーレメディーコンビ:熱中症・日焼け
  • ホメオパシーレメディーコンビ:熱中症・日焼け
  • ホメオパシーレメディーコンビ:熱中症・日焼け

熱中症対策や、日焼け後の火照りにお勧めのホメオパシーレメディーコンビネーション。 

ホメオパシーレメディー 熱中症・日焼けサポートコンビネーション

Heatstroke & Sunburn Support Combo

熱中症・日焼け対策、また日焼け後の火照り・赤み等に対する、ホメオパシー的サポート・コンビネーションレメディー。

年々暑くなっている夏に比例し、最近は熱中症という言葉が頻繁に聞かれます。お子様がいらっしゃるお母さん達、お年寄りの方がいらっしゃるご家族等々、皆さま熱中症は、心配の種の一つかもしれません。この「ホメオパシーレメディーコンビ:熱中症対策・日焼け」はホメオパシー的な熱中症・日焼け対策サポートに、また日焼け後の火照り・赤み、痛み等のサポートとしてもお勧めのホメオパシーレメディーです。

熱中症対策・日焼けコンビネーションレメディー・ポイント

このレメディーに使われているハーブ、フィーバーフュー(和名:ナツシロギク)は、その薬用からヨーロッパで古くから親しまれており、熱の発散や、熱傷の治療薬として用いられてきたキク科のお花。体内にこもった熱の発散のサポートとして、紫外線照射により放出される炎症ホルモン、プロスタグランジンの抑制サポートとしても注目を浴びています。また火照り防止、熱さましとして知られているレメディー ベラドーナ/ Bell.、日焼け対策・日焼け後の回復サポートにお勧めのホメオパシーレメディーソル/ Sol.も入り、熱中症・日焼け対策にお勧めのレメディー数種がコンビネーションされています。熱中症・日焼けに対する対策だけではなく、日焼け後のケアとしてもご利用いただけます。

ホメオパシーはドイツ発祥の自然療法。ハーブや薬効のある植物、またミネラル等の自然界の物質を希釈浸透し、レメディーやチンクチャーにしてお摂り頂きます。体本来が備えている自己免疫を触発し回復力を高め、症状を押し出せるようサポートしてくれます。

熱中症対策・日焼けサポート レメディーコンボ
:主要レメディーマテリアメディカ

  • Feverfew. /フィーバーフュー:熱の発散、紫外線による炎症予防サポート
  • Bell. /ベラドーナ:体熱、頭にこもる熱
  • Sol. /ソル:ホメオパシー的日焼け防止・日焼け後サポート
  • Melat. /メラトニン:ホメオパシー的シミ対策
  • Carb-v. /カーボベジ:ホメオパシー的脱水症状サポート

※詳しいホメオパシーの解説は「ホメオパシーとは」から
ホメオパシーとは


ミニノート:
熱中症は体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かなくなることにより起こります。熱中症の兆候が見られる際は、1. 涼しい環境に移す、2. 脱衣と冷却を行い、3. 水分と塩分を補給されることをお勧めしております。

ご留意事項:
こちらの商品はホメオパシー的、熱中症対策(及び、日焼け対策・日焼け後サポート)のためのコンビネーションレメディーとなります。医薬品ではありませんことご留意下さい。またご使用の際はご自身の判断と責任でお取り頂き、既に熱中症と見られる症状、嘔吐、高熱、意識障害、けいれん、異常行動等が見られる場合は、迅速に医療機関にご相談されることをお勧め致します

ホメオパシーレメディ 原材料

ショ糖(スクラロース )、Homeopathic Dose: Feverfew、Belladonna、Carbo Vegetabilis、Melatonin、Sol

ホメオパシーレメディ 取り方・目安

取り方の目安

①ホメオパシー的予防の場合:
  • 直接取る場合
    1日3回を目安に、砂糖玉の場合は毎1粒を舌下で溶かすように、液体フォームの場合は毎2滴を直接舌下に垂らして(またはコップ2-3cmのお水に混ぜて)お取り下さい。
    *お子様に液体フォームを与える際は必ずお水で薄めてお与え下さい。
  • お水で取る:
    水が入ったペットボトル(約500ml〜1L程)に、砂糖玉の場合は1粒、液体フォームの場合は2滴を加え、少しずつ飲みながら通常の飲料水のようにお取り下さい。

*予防使用例:
お子様の遠足、運動会時の熱中症サポートに。水筒のお水に入れてホメオパシー的予防

②急性の場合:
  • 直接取る:15分おきに、砂糖玉の場合は毎1粒、液体フォームの場合は毎2滴を直接舌下に垂らしてまたは(コップ2-3cmのお水に混ぜて)お取り下さい。
    *お子様に液体フォームを与える際は必ずお水で薄めてお与え下さい。
  • お水で取る:水が入ったペットボトル(約500ml〜1L程)に、砂糖玉の場合は1粒、液体フォームの場合は2滴を加え、15分おきにそのレメディー水をお取り下さい。

*急性ご使用例:
実際に軽い熱中症のような兆候や日焼け後に


使用上の注意

  • 前後20分間はなるべく飲食・喫煙などを避けることをお勧めいたします。
  • レメディーは香りの強いもの電磁波の強いものからなるべく離し、直射日光が当たらない冷暗所に常温で保管してください。
  • この商品は医薬品ではありません、症状の改善が見られない場合はご自身の判断で病院での検診・医師などの有資格の専門家にご相談下さい。
  • 効果には個人差がございますことご了承ください。またあくまでもホメオパシー的サポートとしてお取り下さい。

レビュー

Based on 1 review レビューを書く